viewテンプレートに「Smarty3」を採用-04:コントローラーで実際に使用する


全ての準備が整ったら実際にコントローラーで使用してみる。
コントローラー(Controller)とビュー(view)へ追加する。

URLを叩いて利用できているか確認する
 http://sample.com/app/index/index

■「/module/Application/src/Application/Controller/IndexController.php」への追記

・14行目でZSmartyの名前空間をインポート
・21行目でSmartyインスタンスを生成
・22行目に読み込むテンプレート設定
・24行目にSmarty側の変数へ渡す値を設定

[PHP title=”「/module/Application/src/Application/Controller/IndexController.php」]
< ?php /** * Zend Framework (http://framework.zend.com/) * * @link http://github.com/zendframework/ZendSkeletonApplication for the canonical source repository * @copyright Copyright (c) 2005-2014 Zend Technologies USA Inc. (http://www.zend.com) * @license http://framework.zend.com/license/new-bsd New BSD License */ namespace Application\Controller; use Zend\Mvc\Controller\AbstractActionController; use Zend\View\Model\ViewModel; use ZSmarty\SmartyModel; class IndexController extends AbstractActionController { public function indexAction(){ $sm = new SmartyModel; $sm->setTemplate(‘/application/index/index.tpl’);

$sm->smVal = ‘Smarty変数へ渡す’;

return $sm;

}
}
[/PHP]

■「/module/Application/view/application/index/index.tpl」への追記

・9行目にコントローラーで設定した値を出力する

[HTML title=”「/module/Application/view/application/index/index.tpl」]
< !DOCTYPE html>



Sample


{* 「Smarty変数へ渡す」という文字列が表示される *}
{$smVal}


[/HTML]


コメント

タイトルとURLをコピーしました