viewテンプレートに「Smarty3」を採用-02:「Smarty3」の導入

viewテンプレートに「Smarty3」を採用-02:「Smarty3」の導入


「ZendSmarty」を導入したら次は「Smarty」を導入する。

■「Smarty3」のダウンロード先
 http://www.smarty.net/download

ダウンロードした「Smarty」は「vendor/ZSmarty」以下に「libs」ディレクトリをコピーするのが紹介されていたが、
自分の場合は既に「Smarty」がPHPでインクルード済みだったので、Smarty本体の参照先を以下のように変更した。

・以下スクリプトの5行目をコメントアウトして自分の「Smarty」のインウルードパスを設定(6行目)

■「/vendor/ZSmarty/SmartyModel.php」への修正